初めてのフリーレントでも安心!大阪でフリーレントの賃貸オフィスを借りるときの基礎知識

大阪で賃貸オフィスを借りるときには、フリーレント(賃料猶予期間)の物件を選ぶことも可能です。
このタイプの物件を選びたいと考えているのであれば、基礎知識を身につけておくことが大切だと言えます。
正しく理解することができていなかったり、注意点を知らなかったりする人は非常に多いです。
知識を持っていない状態で大阪でフリーレントの賃貸オフィスを借りると、思わぬトラブルを経験することになるかもしれません。
安心してこれを利用するためにも、特徴やメリット、注意点などについて理解を深めておくことが大切だと理解しておく必要があります。

初めてのフリーレントでも安心!大阪でフリーレントの賃貸オフィスを借りるときの基礎知識

フリーレントでは一定期間の賃料が無料になる

そもそも、フリーレントの物件がどういったものであるかきちんと理解できていない人は多いです。
賃貸契約を行うときに、一定期間の賃料が無料になる物件がフリーレントに該当します。
マンションやアパートでもこの仕組みが取り入れられていることがありますが、オフィス賃貸契約の際にもこれが利用できることがあることを知っておくと良いです。
実際に無料になる期間は契約する物件によって違いますが、上手く活用すればお得であることには違いがありません。
一定期間の賃料が不要と聞くと、建物に問題があるのではないかと心配する人もいますが、必ずしもそういった理由で無料になっているわけではないです。
なかなか利用者が見つからない賃貸オフィスの入居者を見つけるため、早く契約してくれる人を見つけるためにフリーレントを取り入れているケースや事業用の場合、解約予告が3~6か月の為、移転の際の賃料二重払いの負担を少なくするべく、また新規の場合は、事業立上げの準備期間支援の為、フリーレント物件があります。
建物がボロボロであったり安全性が低かったりすることが理由ではないことを理解しておくべきです。
しばらく無料で借りることができますが、賃貸オフィスとして問題なく利用できることを知っておきましょう。

フリーレント物件を選べば費用が削減できる

フリーレント物件を選ぶことには、費用削減ができるという大きなメリットがあります。
オフィスを移転したり新設したりするときには、たくさんの費用が必要となります。
設備工事や備品移動のためにお金が必要となるケースが多く、少しでも初期費用を抑えたいと考える人が多いと言えます。
新しく賃貸オフィスを契約するときに一般的な物件を選択すると、敷金や礼金だけでなく翌月分の賃料まで先払いになるケースが多く、初期費用が高くなりがちです。
大阪で賃貸オフィスを借りるときにフリーレント物件を選べば、数か月分の賃料の支払いが免除されますし、従来よりも契約時に支払う費用を少なくすることができます。
移転や新設に伴って膨大なコストが発生すると、ビジネスに支障が出る可能性も高いです。
既に別の場所にオフィスがある場合は、賃料の二重払いを防ぐことにも繋がります。
二重払いを避けるために別の場所に備品を移したり慌ただしく作業を行ったりすることになるケースも多いですが、フリーレント物件を選んでおけば二重払いが回避できるのでゆっくりと引っ越し準備を進められるはずです。
コスト削減を期待する場合は、積極的にこのタイプの物件を選ぶと良いでしょう。

フリーレント物件を選べば費用が削減できる

交渉でフリーレントにしてもらえることもある

初めからフリーレント物件として取り扱われていない場合でも、交渉次第でフリーレントになることがあります。
長い期間入居者が見つからない物件を所有している場合、その建物のオーナーはできるだけ早く次の入居者を見つけたいと考えており、交渉すれば一定期間賃料を無料にしてもらえる可能性が高いです。
たとえば、2か月間無料にしたとしても、3か月目から確実に賃料を受け取ることができると分かっているのであれば、このまま入居者があらわれるか分からない状況のままにしておくよりも、フリーレントでも入居者を確保したいと判断するケースが多いです。
フリーレント中は賃料は発生しませんが、この期間中もオーナーは共益費などを受け取れます。
少しでも収入を得たいと考えている場合や空室が続くことを避けたい場合は、フリーレントにしてもらえることがあると知っておきましょう。
ただし、交渉の仕方を間違えると受け入れてもらうことができません。
移転までの期間やフリーレント終了までの期間が長い場合は、オーナーが受け取ることができるお金が少なくなってしまうため承諾を得られない可能性が高いです。
もともとフリーレントでなかった場合は、交渉して数日間から1か月間でも無料になれば良いほうだと考えておきましょう。

交渉でフリーレントにしてもらえることもある

フリーレント中でも賃料以外は必要

大阪でフリーレントの賃貸オフィスを借りる場合、フリーレント中でも賃料以外の費用は発生します。
初期費用として敷金礼金を用意する必要がありますし、管理費や共益費も支払うことになるので要注意です。
契約時には翌月分の管理費や共益費まで支払うことになるケースが多いので、支払い金額が心配な場合は事前に支払い日と金額を確かめておくべきだと言えます。
更に、仲介手数料も必要です。不動産会社を介して物件を紹介してもらったり、契約を結んだりすることが多いですが、その際には仲介手数料が発生します。
オーナーに直接問い合わせた場合、オーナーが手数料を負担することに決まっている場合は不要となりますが、基本的には必要であることを理解しておきましょう。
具体的な金額は利用した不動産会社などによって異なりますが、契約する物件の1か月分の賃料を請求されるケースが多いと言えます。
そして、電気やガス、水道などの水道光熱費も必要となってくるので要注意です。
賃料は無料になりますが、それ以外の部分で発生する費用があることも理解した上で利用することが大事だと言えるでしょう。

フリーレント中でも賃料以外は必要

解約時に違約金が発生する可能性がある

フリーレントの賃貸オフィスを契約することを検討している場合は、解約時に違約金が発生する可能性があることを理解しておかなければなりません。
長期的に利用することを想定している場合は問題ないはずですが、入居から一定期間内に解約した場合には賃料の数か月分が違約金として請求されるケースが多いです。
入居から短い期間で解約されてしまうと、オーナーにとって損になる可能性が高いと言えます。
オーナーが十分な収益を得られないリスクを避けるためにも、このシステムが導入されているケースが非常に多いです。
短期間での解約による違約金の発生は珍しいことではありませんが、フリーレントの場合は金額が高額化しやすいと言えます。
フリーレントを選択すればコストを節約することができます。
けれども、立地の不便さや建物の狭さを理由に再び移転したくなったり、経営難で事業から撤退することになったりした場合には、予定していなかった出費が発生するリスクがあるので注意しておく必要があるでしょう。

解約時に違約金が発生する可能性がある

まとめ

大阪ではフリーレントの賃貸オフィスを借りることができますが、事前に基礎的な知識を身につけておく必要があります。
特に初めてフリーレントの賃貸オフィスを選ぶときには、知識不足でトラブルを経験する可能性が高いです。
契約を結ぶ前に特徴や注意点に対する理解を深めておくことで、ありがちなミスを避けられるようになります。
フリーレントの賃貸オフィスを利用することにはコスト節約という大きなメリットがありますが、このタイプの物件を選んで後悔しないためにも、あらかじめ十分な知識を身につけておきましょう。

※大阪の貸事務所を探すならこちらから

物件の内見・詳細な資料をご希望の方はお気軽にお問い合せください!過去の取引価格に関しましては、直接お問い合せください。 (ホームページ上では、募集条件を掲載しております。)

  • お電話でのお問い合わせは、フリーダイヤル0120-882-207(TEL. 06-6263-0057)受付時間 9:30~9:00 定休日 日曜・祝日
  • メールでのお問い合わせはこちらから

貸事務所のお問合せ・リクエスト

新着貸事務所

  • 大型物件特集!グランフロント大阪、あべのハルカス…詳細はこちら
  • 大阪 貸店舗BE
  • 大阪のオフィスお引越しマニュアル
  • 移転・独立に役立つ!オフィス移転マニュアル
  • 賃貸物件オーナー様へ - オーナー様に代わって業務を代行させていただきます!
  • エリア別!貸事務所情報
  • 賃貸オフィスサービスのスタッフ紹介
  • 賃貸オフィスサービスのオフィスブログ
  • 賃貸オフィスサービス公式facebookページ

賃貸オフィスサービス(運営:株式会社ビルディングエステート):大阪市中央区安土町3-3-7 本町KSビル1階、TEL: 06-6263-0057、FAX: 06-6263-0083

このページの先頭へ戻る