後悔したくない!大阪で貸事務所とレンタルオフィスのどちらを選ぶべきかを徹底比較!

大阪で事業のためにオフィスを用意するとき、貸事務所とレンタルオフィスのどちらを選ぶべきか迷ってしまう人は多いです。
似たようなものだと勘違いしている人もいますが、実際にはたくさんの違いがあります。
後悔しないオフィスを契約したいのであれば、貸事務所とレンタルオフィスの特徴を比較しておくと良いです。
どちらにもメリットとデメリットがあるため、特徴を十分理解した上で利用するものを選択することが大切だと言えます。
満足できる契約にするためにも、まずはそれぞれの違いを理解することから始めることがおすすめだと言えるでしょう。

大阪で賃貸オフィスを探す前に!知っておきたい賃料相場

貸事務所とレンタルオフィスの違い

貸事務所とレンタルオフィスにはいくつかの違いがあります。 最も大きな違いは契約形態です。 貸事務所の場合は賃貸契約を結ぶ必要があり、レンタルオフィスの場合は月単位でサービス利用契約や施設利用契約を締結することが多いです。
つまり、レンタルオフィスは賃貸契約を結ばないので借地借家法や原状回復義務の適用がありません。
貸事務所の場合はオフィスだけ借りることになりますが、レンタルオフィスは机や椅子などの設備が用意されているケースが多いです。
利用開始までの期間にも違いがあり、貸事務所は最短で2週間、一般的には1か月ほどの期間を必要としますが、レンタルオフィスであれば数日で利用できる可能性が高いと言えます。
また、必要となる料金にも違いがあり、貸事務所は敷金礼金などの初期費用が必要ですが、レンタルオフィスは一時的に借りるだけなのでこれらが不要です。
貸事務所とレンタルオフィスにはこうした違いがあることを知っておくと良いでしょう。
それぞれの違いについて理解することができたのであれば、違いを考慮しながら状況に応じてどちらを選ぶべきか知っておくことをおすすめします。
違いと最適なケースを知っていれば、納得できる契約にすることができるでしょう。

顧客からの信用を重視したい場合は貸事務所を選ぶべき

顧客からの信用を得ることを重視するのであれば、貸事務所を選ぶべきです。
貸事務所を利用するためには賃貸契約を結ぶことになりますし、レンタルオフィスよりも賃料が高くなることが多いと言えます。
貸事務所の審査のほうが厳しい傾向があるため、より厳しい審査を合格してオフィスを確保していることを好印象とする顧客も多いです。
レンタルオフィスは初期費用を用意することができない経営者や企業であっても契約することができますし、比較的審査基準が緩いので信用に繋がることは少ないと言えます。
どのようなビジネスを行う場合でも顧客からの信用は大事ですが、特に弁護士事務所や税理士事務所などの信用性が重要な事業で利用するのであれば、レンタルオフィスではなく貸事務所がおすすめです。
賃貸契約を選択することで費用が高くなってしまうという注意点もありますが、顧客からの信用を得やすければ新規顧客を獲得したりリピーターを増やしたりすることができるため、ビジネスの成功に繋げやすいことを知っておきましょう。
顧客や取引先の人が訪れることが多い場合は、貸事務所を選ぶことで後悔しないオフィス選びを実現することができるはずです。

貸事務所を賃貸する時の稼働時間チェック

※大阪エリアの貸事務所を探すならこちらから

長期的に利用する場合は貸事務所が便利

長期的に利用することを前提としているのであれば、貸事務所を選ぶことがおすすめだと言えます。
レンタルオフィスは短期・中期的な利用、貸事務所は長期的な利用を想定しているケースが多いです。
レンタルオフィスの場合は頻繁に更新手続きを行う煩わしさを感じる可能性が高いですし、利用開始時の人数をもとに広さを決めているはずなので、従業員数が増えたときに対応しづらいという問題が生じやすいことを知っておく必要があります。
貸事務所の場合は最低でも2年契約になっているケースが多く、頻繁に更新のための手続きを行う必要がありません。
その上、比較的広いスペースを確保しやすいですし、必要に応じて柔軟に設備の導入や撤去を行えるので従業員数が増えても対応しやすいです。
レンタルオフィスはあらかじめテーブルや椅子などの設備が用意されており、不要でも撤去してもらえないことが多いと言えます。
長くその場所で事業を営む場合は、更新回数が少ないほうや会社の成長に応じて使いやすくカスタマイズできるほうが便利です。
1年などの期間限定でビジネスを行う場合はレンタルオフィスでも良いですが、期限が決まっていない場合やなるべく長く続けたい場合は貸事務所の利用を検討してみると良いでしょう。

利用開始までのスピードを重視する場合はレンタルオフィス

利用開始までのスピードを重視したいのであれば、レンタルオフィスが便利だと言えます。
貸事務所の場合は約2週間~1か月間の準備期間が必要となり、なかなかオフィスで働くことができないという問題が起こる可能性が高いです。
今すぐにでも移転したい、新設したいという場合はレンタルオフィスを選ぶべきだと言えます。
オフィスのあった建物に重大な問題が生じて一刻も早く新たな仕事場を確保したい、二重支払いを避けるために契約すればすぐに利用できるサービスを選びたいと考える場合などにおすすめです。
利用を希望してから1日や2日で審査や手続き、準備が完了するケースが多いため、素早く移転や新設したい場合にピッタリだと言えます。
事前に設備が用意されていることも大きなポイントです。
貸事務所の場合は、自分たちで設備を用意することになるケースが多く、導入したいものによっては専門会社に設備工事を依頼する必要があります。
レンタルオフィスの場合はビジネスに必要な基本的な設備やアイテムが揃っているため、利用を開始する前に設備工事を行ってもらう必要がなく、思い立ったときにはすぐに新しいオフィスを利用することができるでしょう。

貸事務所の選び方フリーレントについて

設備を借りたい場合もレンタルオフィスが便利

設備までレンタルしたい場合もレンタルオフィスが便利です。
期間限定で事業を行う場合は、期間が終了すればそれまで使用していた設備が不要となります。
せっかく新しく買って導入したとしても、短い期間で処分したり売却したりすることは面倒に感じられるはずですし、お金が勿体ないと感じる人も多いはずです。
イベントに合わせて1年間だけ特別事業を実施するなど、短期間で終了することが分かっている場合は設備にかかるコストを削減するためにレンタルオフィスを選択することがおすすめです。
期間限定ではないとしても、設備を新しく導入することで必要となるコストを削減したいと考えている場合もレンタルオフィスを選ぶと良いでしょう。
働くスペースとデスクや椅子、棚などをまとめて借りることができるレンタルオフィスは非常に便利です。
契約するサービスによっては、空気清浄機や加湿器、プリンターやコーヒーマシーンなどが付属していることもあります。
オプションで追加できるケースもあるため、事前に何が利用できるか調べておくと良いです。
デスクや機器などもまとめて借りたいのであれば、レンタルオフィスの利用契約を結ぶことで満足できるオフィスが手に入ります。

小さな貸事務所の選び方について

まとめ

貸事務所とレンタルオフィスは違った特徴を持っています。
正しく理解することができていなければ、最適なサービスを選択できない可能性が高いです。
選び方を間違えてしまうと再契約することになって二度手間となる可能性が高いですし、別のサービスを選ぶべきだったと気づいても短期間では違約金が発生するので解約できないという問題を経験するかもしれません。
貸事務所とレンタルオフィスには、双方に魅力と注意点があります。
レンタルオフィスは短期間やオフィス家具付き少人数であればお勧めです。
但し、内装や什器備品の準備が要らない分、賃料は貸事務所に比べて坪単価は2~3倍以上はします。
一方、貸事務所は中長期や多人数の場合にお勧めです。
また、大阪の場合は更新料が有りませんのでお得です。
どちらについてもきちんと理解しておき、最適なものを選ぶことができるようにしておくべきだと言えるでしょう。

※大阪の貸事務所(賃貸事務所)を探すなら『賃貸オフィスサービス』

物件の内見・詳細な資料をご希望の方はお気軽にお問い合せください!過去の取引価格に関しましては、直接お問い合せください。 (ホームページ上では、募集条件を掲載しております。)

  • お電話でのお問い合わせは、フリーダイヤル0120-882-207(TEL. 06-6263-0057)受付時間 9:30~9:00 定休日 日曜・祝日
  • メールでのお問い合わせはこちらから

貸事務所のお問合せ・リクエスト

新着貸事務所

  • 大型物件特集!グランフロント大阪、あべのハルカス…詳細はこちら
  • 大阪 貸店舗BE
  • 大阪のオフィスお引越しマニュアル
  • 移転・独立に役立つ!オフィス移転マニュアル
  • 賃貸物件オーナー様へ - オーナー様に代わって業務を代行させていただきます!
  • エリア別!貸事務所情報
  • 賃貸オフィスサービスのスタッフ紹介
  • 賃貸オフィスサービスのオフィスブログ
  • 賃貸オフィスサービス公式facebookページ

賃貸オフィスサービス(運営:株式会社ビルディングエステート):大阪市中央区安土町3-3-7 本町KSビル1階、TEL: 06-6263-0057、FAX: 06-6263-0083

このページの先頭へ戻る