大阪のマンションを貸事務所として利用する時の注意点は?事業用(オフィス・店舗)使用可について確認する必要性を紹介!

大阪のマンションを貸事務所として利用したいのであれば、まずは注意点を確認しておく必要があります。
貸事務所として契約するのであれば、どのような用途で利用することができるのか調べておくことが大事です。
契約した事務所にお客さんを呼ぶつもりであれば、事業用(オフィス・店舗)使用可となっている物件を探す必要があります。
選び方を間違えてしまうと大きなトラブルに発展したり、思い描いていたビジネスが行えない可能性があるので要注意です。
事前に貸事務所として借りる前に理解しておくべきことをチェックしておき、満足できるビジネスを実現できるようにしておきましょう。

大阪のマンションを貸事務所として利用する時の注意点は?事業用(オフィス・店舗)使用可について確認する必要性を紹介!

可能な用途を確認しておこう

最初に可能な用途を確認しておくことが大切です。
近頃はマンションの一室を事務所として活用するケースも増えていますが、居住用の物件であれば利用することができません。
代表者がその場所で寝泊まりすれば問題ないと考えるかもしれませんが、従業員がいる場合などは利用できない可能性が高いです。
フリーランスでデザイナーやプログラマーの仕事で活躍している人が、自宅兼仕事場に活用する分には問題ないことがほとんどですが、ビジネスを行うために従業員や取引先がやって来るのであれば話は別だと言えます。
事務所として活用できそうな物件であった場合でも、明確に事務所利用できると書いていなければ問題なので注意が必要です。
また、貸事務所用と書かれていても用途が限られていることは少なくありません。
ホームページや問い合わせなどで物件情報を細かく確認し、自分が利用しようと考えている内容に合っているものかどうか見極めておくことが大切だと言えます。
想定していた使い方ができないと後から判明して困る人も少なくありません。
大阪のマンションを貸事務所として借りる前には、このような注意点があることを理解した上で最適な事務所を探すようにしてください。

事業用(オフィス・店舗)使用可であるかどうかもチェックが必要

事業用(オフィス・店舗)使用可であるかどうかもチェックが必要

マンションの一室などをテナントとして利用するときには、事業用(オフィス・店舗)使用可であるかどうかもチェックしておく必要があります。
何が事業用(オフィス・店舗)に分類されるのか分からない人もいるかもしれません。
エステやネイル、マッサージもそうですし、整体や鍼灸、語学スクールや占いなどを行う場合も事業用(オフィス・店舗)使用可の賃貸物件を探すことになると知っておきましょう。
営業日に不特定多数の人が来客する場合は事業用(オフィス・店舗)扱いとなります。
予約制であったり個人情報が分かっている人のみが来店していたりする場合でも、不特定多数に当てはまります。
色々な人が毎日訪れるようであれば、貸店舗物件を探すようにしてください。
様々な人が訪れても問題ない事務所には事業用(オフィス・店舗)使用可と書かれており、何も書かれていない場合はそのような使い方ができない可能性が高いです。
ホームページや問い合わせから、事業用(オフィス・店舗)として使えることが分かっているものを選ぶことが大切だと言えます。

※大阪の貸事務所を様々な検索条件から探すならこちらから

従業員以外が出入りできないケースもある

大阪のマンションを貸事務所として利用するときの注意点には、従業員以外出入りできないケースもあることを覚えておきましょう。
お客さんとして色々な人が訪れたり、取引相手が毎日のように訪れたりすることが認められていないケースもあります。
事務所なのだからビジネスを行うために自由に使うことができると勘違いしてしまう人が多いですが、細かくルールが決められていることもあるので要注意です。
貸事務所を選ぶときには、どの範囲まで出入りすることができるか詳細に確かめておく必要があります。
店舗使用可であれば基本的に様々な人が訪れることが認められていますが、貸事務所という表記のみであれば不特定多数の人や取引先、大人数の従業員は出入りできないケースもあることを知っておくべきです。
従業員であっても人数が制限されてしまうこともあるので、気をつけておく必要があります。
たくさんの人が訪れることを想定して事務所を用意した場合でも、利用規約で禁じられていれば招き入れることができません。
自分が想像する事務所としての使い方ができるわけではないと理解し、考えている使用方法が実現できるような物件を探すことが大事だと知っておきましょう。

貸主や住人とトラブルになる可能性もある

貸主や住人とトラブルになる可能性もある

店舗使用可ではない貸事務所で不特定多数のお客さんを招くと、貸主や住人とトラブルになる可能性が高いです。
独立した物件でも貸主から禁止されていることを行ってしまえば退去するように言われてもおかしくありません。
マンションの一室を利用する場合は、同じ建物に住む方から苦情が出る可能性もあります。
不特定多数の人が毎日のように訪れると、近隣の人や住人が落ち着かないと感じたり、知らない人がいることに不安に感じたりすることが多いです。
コッソリとお客さんを招き入れようと思っていても、様々な人物が出入りしていることに気がついた人から貸主に報告されてしまう可能性もあります。
問題になってしまうと、その場所で営業を続けることができなくなるだけではなく、予約してくれているお客さんに迷惑をかけることになったり、悪い噂のせいで場所を変えて営業を再開してもお客さんが来なくなったりする恐れがあるでしょう。
安定したビジネスのためには、トラブルを引き起こさないことが大切です。
大阪で貸事務所の契約を行うときには、事業用(オフィス・店舗)使用可であるかどうか確認しておくことによって、貸主や住人とトラブルになることを避けられるようにしておくと良いでしょう。

事業用(オフィス・店舗)使用可ではない物件も多い

事業用(オフィス・店舗)使用可ではない物件も多い

事業用(オフィス・店舗)使用可ではない物件が多いことも注意点です。
貸事務所は自由に利用できるものが多いと思っている人もいるかもしれませんが、実際には事業用(オフィス・店舗)として利用できない物件が多いと言えます。
マンションの一室の場合は事業用(オフィス・店舗)利用不可の傾向が強くなりますし、独立していても不可となっている場合もあるので気をつけておく必要があるでしょう。
魅力的な物件を見つけたと思っても、実は事業用(オフィス・店舗)使用可ではなかったというケースも少なくありません。
効率的に最適な貸事務所を見つけたいと思っているのであれば、条件に事業用(オフィス・店舗)利用可能であることも含めてから探すべきだと言えます。
まだビジネス内容が明確でない場合は気にせずに借りてしまうかもしれませんが、後々事業用(オフィス・店舗)のような使い方をする可能性が少しでもある場合は、事業用(オフィス・店舗)使用可の貸事務所を選んでおくことがおすすめです。
物件を検索できるサイトでも事業用(オフィス・店舗)使用可を選択できるようになっていますし、仲介してくれる担当者にこれを希望しておくこともできます。 意識せずに探すと良いと思った物件の全てが事業用(オフィス・店舗)利用が不可だったという可能性もあるので、利用できないケースも多いことを理解した上で貸事務所を探すようにしましょう。

まとめ

大阪のマンションを貸事務所として利用するつもりであれば、注意点の1つに事業用(オフィス・店舗)使用可であるかどうか確認しておくことがあげられます。
確認を怠ってしまうと希望する使い方が実現できなかったり、契約後に出ていってほしいと言われたりする恐れがあるので危険です。
不特定多数の人が訪れるかどうかで選ぶべき貸事務所の種類は違ってきます。
多数の人が訪れるような事務所になりそうであれば、最初から事業用(オフィス・店舗)使用可の貸事務所を選ぶようにしてください。
このような注意点を理解しておくことによって、大阪で貸事務所を利用するときに失敗するリスクが下げられるはずです。

※大阪で貸事務所を探すならこちらから

物件の内見・詳細な資料をご希望の方はお気軽にお問い合せください!過去の取引価格に関しましては、直接お問い合せください。 (ホームページ上では、募集条件を掲載しております。)

  • お電話でのお問い合わせは、フリーダイヤル0120-882-207(TEL. 06-6263-0057)受付時間 9:30~9:00 定休日 日曜・祝日
  • メールでのお問い合わせはこちらから

貸事務所のお問合せ・リクエスト

新着貸事務所

  • 大型物件特集!グランフロント大阪、あべのハルカス…詳細はこちら
  • 大阪 貸店舗BE
  • 大阪のオフィスお引越しマニュアル
  • 移転・独立に役立つ!オフィス移転マニュアル
  • 賃貸物件オーナー様へ - オーナー様に代わって業務を代行させていただきます!
  • エリア別!貸事務所情報
  • 賃貸オフィスサービスのスタッフ紹介
  • 賃貸オフィスサービスのオフィスブログ
  • 賃貸オフィスサービス公式facebookページ

賃貸オフィスサービス(運営:株式会社ビルディングエステート):大阪市中央区安土町3-3-7 本町KSビル1階、TEL: 06-6263-0057、FAX: 06-6263-0083

このページの先頭へ戻る