世界中の人々が大注目!2025年に開催される大阪万博の最新情報

建設中から建設が完了しているものまで!大阪市周辺の新ビル情報を多数ご紹介

大阪では、1970年に大阪万博という博覧会が開かれました。
大阪万博の開催によって多くの人が集まり、会場だった付近が発展したことも有名です。
2025年の万博でも同じことがいえ、そこには様々なビジネスチャンスがあるといっても過言ではありません。
オンラインと現地のハイブリット開催という少々変わった形式ですが、この大阪万博には前回とはまた違うチャンスがあるでしょう。
万博の影響は様々なので、直接でなくても例えばオフィスをこれから持ちたいという人も注目すべき万博です。
ビジネスマンなら、開催場所や日にちを調べて何かチャンスがないか探してみることをお勧めします。

万博開催に向けてビジネスチャンスを探してみる

大阪では1970年にも国際博覧会が開かれていますが、2025年はこれまでと開催方法が少し変わってきます。
その大きな原因はコロナ禍で、これまでとは違いオンラインと現地のハイブリッドで開催するのが特徴です。
とは言え、会場には多くの人が集まりオンラインを通して大阪が注目されるという事実には変わりません。
多くの人が集まり注目するため、経済効果も様々な面で期待できます。
今は何気ないことでも、隠れたビジネスチャンスがあるかもしれません。
万博でビジネスを成功させたいのなら、なるべく早い段階で動くことをお勧めします。
日にちが迫れば迫るほど、多くの人がチャンスに気がついてしまうからです。
もちろん、早い段階で動くということは一つの賭けになります。
チャンスを見つけるためには、開かれる場所やオンラインの方法など早めに情報を手に入れることが大切です。
会場近くで不動産を抑えたいときなど、良いところから借りられてしまいます。
スポンサーになって会社の宣伝をする場合は、早めにスポンサーになった方が良いでしょう。
直接、万博で仕事をするしないに関係なく細かな情報を手に入れてチャンスを探すことがとても大切です。

会場近くの不動産は価値が変わる

会場近くの不動産は価値が変わる

万博に来た人たちをターゲットにした、飲食店やショップを考えているのなら早めに不動産を探すことをお勧めします。
開催の時期が近くなる程、良い場所は借りられたり購入されてしまうからです。
さらに周りが整備されてくることも予想され、不動産の価値も上がる可能性が高いです。
1年の違いでも、土地や店舗の値段が大きく変わってしまうことも珍しくありません。
最寄りの駅から人がどのような経路を通って、会場まで行くのかを考えることも大切です。
人の動きを予測して、店を持ったりオフィスを構えるにはどこならベストなのか地図をよく見て考えてください。
直接商売をする気がない場合でも、オフィスを構えることを考えているなら注意が必要です。
開催されている最中は、かなりの人がくるので道が混む可能性があります。
といっても、混雑するのは万博の期間中だけなのでうまくオフィスを休みにしたりして対応すれば大丈夫です。
やはり気にしたいのは、不動産自体の価値が変わってしまう可能性が高いことです。
同じオフィスの部屋でも、近くに会場があるだけで賃料が高くなることは珍しくありません。
もし不動産を探すのなら、値上がりする前に契約することをお勧めします。

※大阪の貸事務所(賃貸事務所)を探すなら『賃貸オフィスサービス』

市内には宿泊施設が増える

市内には宿泊施設が増え

オンラインも行うといっても会場近くには多くの人が集まるため、宿泊施設も増えていきます。
ビジネスマンが利用できるホテルも増えるので、万博に行かない人にとっても便利になります。
宿泊施設が増えると必然的に、周辺にはコンビニや飲食店も増えてくるでしょう。
フランチャイズを考えているなら、どこにどんなホテルができるのかも把握することをお勧めします。
例えば、高級ホテルとビジネスホテルでは周辺にできる店が少し変わってきます。
コンビニであれば比較的どんな条件にも合うのですが、なるべく事前調査することが重要です。
また、宿泊施設内にレストランやショップなどを持ちたいと考えている人も少なくありません。
その場合は特に早い段階で交渉することが大切なので、注意が必要です。
実は周辺だけでなく、最寄りや隣の駅などにも増える傾向があります。
隣の駅でも当然、万博の客が集まることには変わりません。
民泊を考えているなら、申請方法について前もって調べておくことが重要です。
直前になって準備をしようとすると、ものを買い揃えるのに時間がかかったりして失敗することもあるからです。
少なくても数年前からしっかり準備しておくことが、成功への鍵となります。

インフラの整備が期待できる

インフラの整備が期待できる

こんな不便な場所で万博を開くのかと、思う人もいるかもしれません。
会場を確保するために、どうしてもどの博覧会も市街地から少し離れた場所を会場にすることが多いです。
不便な場所なら、周りに宿泊施設やショップを作っても万博が終わったら人が減ってしまうと考える人もいるでしょう。
開催中も、バスや電車などが心配という人も少なくありません。
しかし、その点は心配する必要はないので安心してください。
万博クラスの大きなイベントが開催される際には、周辺のインフラがかなり整えられるからです。
今は市街地から離れている場所でも、数年後には立派な町に成長していることも珍しくありません。
今は不便だからと考えるのではなく、数年後にはどのようにインフラが整えられるかということに注目することが大切です。
不動産選びはもちろん、通勤に便利なマンション探しなどビジネスマンならしっかりと抑えておきたいポイントです。
開催中は多少混雑が考えられますが、万博が終わればしっかり整えられたインフラが残ります。
今は電車が少なくても、数年後にはとても便利な場所になることも珍しくありません。
将来的に便利な場所になるとして、ビジネスチャンスを探すのも一つの手です。

万博が行われた後のことも見越して

万博が行われた後のことも見越して

万博が終われば、当然会場の施設の多くは取り壊されます。 ただし、例えば昔の大阪万博で作られた太陽の塔のようにシンボル的なものは残される可能性があります。
シンボルが残されると周辺は記念公園となって、新しい観光地に生まれ変わります。
開催に向けてインフラなども整備されているので、新たな観光客が来ることが期待できるでしょう。
不動産は高くなるかもしれませんが、インフラの整備や宿泊など様々な施設の充実が期待できます。
高くなった分だけの価値があるので、様々な面から開催地には注目すべきです。
万博に関する土産物店などは当然、なくなっていきます。
多くの土産物店は、雑貨店や飲食店など他のものに変わっていくのが一般的です。
もし土産物店を考えているのなら、将来的に何に変更するのか検討しておくことも大切です。
道路が整備されたり、新しい街が誕生するといっても過言ではありません。
むしろ開催後のことを考えたほうが、長い目で見たときに成功できる可能性が高いです。
万博に目をつけるのはもちろん、開催後のこともよく考えることが成功するための秘訣です。
自分にとって何が一番成功するのかよく考えてから、動くことをお勧めします。

まとめ

開催前はもちろん、開催後に至るまで様々なところにビジネスチャンスが眠っている万博です。
店やホテルも増え、インフラも整備されるので開催後も大きく街が発展していくでしょう。
ビジネスを考えるなら、万博中だけでなく前後のことをよく考えるとより成功する可能性が高くなっていきます。
開催はもう直ぐなのでのんびりしている暇はありませんが、よく情報を仕入れてしっかりシミュレーションすることが重要です。
その際には開催中だけでなく開催後、どうしたらさらに成功できるのかということまでしっかりシミュレーションするようにしてください。
昔の万博で成功した人を目指し、今度は自分たちが成功する番です。

物件の内見・詳細な資料をご希望の方はお気軽にお問い合せください!過去の取引価格に関しましては、直接お問い合せください。 (ホームページ上では、募集条件を掲載しております。)

  • お電話でのお問い合わせは、フリーダイヤル0120-882-207(TEL. 06-6263-0057)受付時間 9:30~9:00 定休日 日曜・祝日
  • メールでのお問い合わせはこちらから

貸事務所のお問合せ・リクエスト

新着貸事務所

  • 大型物件特集!グランフロント大阪、あべのハルカス…詳細はこちら
  • 大阪 貸店舗BE
  • 大阪のオフィスお引越しマニュアル
  • 移転・独立に役立つ!オフィス移転マニュアル
  • 賃貸物件オーナー様へ - オーナー様に代わって業務を代行させていただきます!
  • エリア別!貸事務所情報
  • 賃貸オフィスサービスのスタッフ紹介
  • 賃貸オフィスサービスのオフィスブログ
  • 賃貸オフィスサービス公式facebookページ

賃貸オフィスサービス(運営:株式会社ビルディングエステート):大阪市中央区安土町3-3-7 本町KSビル1階、TEL: 06-6263-0057、FAX: 06-6263-0083

このページの先頭へ戻る