大阪での貸事務所の選び方とは?失敗しないコツを解説します!

貸事務所を選ぶ時には目的を明確化して、予算と立地条件に見合う場所を中心にして探すことが失敗の少ない貸事務所選びでは大切になります。
このように希望のポイントを絞っておき、必ずしも全ての条件をクリアするのではなく妥協出来る部分は妥協することで、現実的に貸事務所を賃貸契約するまで進むことが出来るのです。
選び方のコツとしては不動産に詳しい知人が居れば同行してもらったり、業者を紹介してもらうことでまだネットに出ていないような貸事務所を探すことが出来るかもしれません。
インターネット社会ですが、不動産ではこうしたコネが大きな働きをすることも珍しくないのです。

大阪での貸事務所の選び方とは?失敗しないコツを解説します!

失敗しない貸事務所選びのコツについて

貸事務所を選ぶ際のポイントについては、事前にチェックシートを作成しておいて優先順位を明確化しておくことがお勧めです。
予算や立地ばかりに目がいってしまうと、本来必要な条件を見逃してしまうことも少なくありません。
例えばインターネットやITを主軸にする企業ではLAN配線の有無や速度なども重要であり、フロア内に配線がなければ設置工事をしなくてはなりません。
これでは折角格安で貸事務所を賃貸出来たとしても、工事費や退去時の復旧費用の方が上回ってしまうこともあるのです。
目的に応じて配線やLANケーブルの接続箇所などを確かめておき、もし必要ならば工事が出来るのかはオーナーに事前に確認を取っておいた方が安心です。
後になってトラブルが発生するよりも、事前にこうして問題点を浮き彫りにさせておき、交渉や契約書を作っておくことが重要なことになります。
パソコンを使用するにはスペースが必要であるために、デスクや通路などのレイアウトも考えておく必要があります。
現代はパソコンを基本にして業務が進むので、狭い貸事務所などでは特にレイアウトを考える作業が大切になります。
社員の規模や什器によっても異なりますので、必要なスペースは会社ごと異なるのです。

失敗しない貸事務所選びのコツについて

貸事務所を賃貸する時の稼働時間チェック

オフィス街にある賃貸物件は、会社などで使う商用スペースと住居用のスペースに分かれます。
さらに飲食店などの客商売にも対応する物件もありますが、通常は前者二つの違いを考えて想定するだけで構いません。
日中の使用に限りオフィスとして利用出来るものの、夜間の決められた時刻以降は防犯のためや騒音防止などの目的から、利用が不可になるケースも少なくありません。
ですから日中だけではなく夜間でもオフィスとして利用したい場合などは、こうした日中だけしか稼働出来ない物件は検討リストから外す必要があるのです。
また、居住用物件をオフィス利用する場合、登記できない場合もありますので、注意が必要です。
選び方の視野に入れておかなければいけませんが、賃貸契約になれていない場合などには忘れてしまう可能性もあるので、事前にメモを作っておき選び方リストとしてチェック項目を作っておけば忘れることはありません。
契約前には不動産会社にも、必ず確認しておく必要があります。

貸事務所を賃貸する時の稼働時間チェック

貸事務所を賃貸する時の業種について

貸事務所を賃貸したい時には、自分の希望だけではなくオーナーの条件をクリアしなくてはいけません。
敷金や礼金、原状回復などが一般的なオーナー側の条件になりますが、さらにクリアしなくてはいけない条件がある場合もあります。
業種によってはオーナー側で断ることが予測されることもあり、例えば貸金業やマッサージなど風営法やグレーな業務を行う場合には賃貸しないと明記してある物件も少なくありません。
貸し出し側は未然にトラブルを避けて、業種によっては賃貸契約を結ぶことを禁じている場合があるのです。
トラブルが発生する事によって、ビルの評判が悪くなってしまい他のテナントにも悪影響を与えてしまいます。
イメージをクリーンにするためには、貸し出し側としては禁止事項を作っておかなければなりません。
特に風営法に該当するビジネスでは、近隣に学校があったりすると法律によって運営出来ないことが決められております
。 無許可で営業してしまうとトラブルに発展して、警察の検挙などがありますので貸し出し側にはデメリットしかないのです。
こうした業種業態をする場合には、事前に不動産会社に申告しなくてはいけません。
黙って営業してしまうと退去だけではなく、訴訟にまで発展する可能性もあるのです。

貸事務所の選び方フリーレントについて

不動産会社の賃貸物件をチェックしていると、近頃はフリーレントという言葉を目にするようになったと思います。
フリーレントとは簡単に説明すれば、一定期間の家賃が無料になる契約形態のことを言います。
これはいわばお試し期間に該当しており、例えばサービスの契約をする前に無料で利用してみる期間が設けられていることと似ております。
映画や音楽などのサブスクリプションサービスではお馴染みの制度ですが、現在は賃貸物件でも同様のサービスを提供している企業があるのです。
しかし不動産賃貸の場合にはその後に契約を結ぶことが前提であり、どちらかと言えば家賃を初月だけサービスするようなイメージがフリーレントになります。
このサービスを利用するだけで初月の家賃負担が少なくなり、何かと出費の多い引っ越しや事務所の新設では費用的なメリットが大きいのです。
オーナー側からすれば月々の家賃を下げずに賃料相場を維持しつつ、新しい入居者を募るためのセールスポイントになるために、近年増加している賃貸契約サービスになります。

※「大阪でフリーレントの賃貸オフィスを借りるときの基礎知識」はこちらから

貸事務所の選び方フリーレントについて

小さな貸事務所の選び方について

パソコンが普及して通信回線が整備され、人材を集めなくても支店が作れるようになりました。
パソコンと営業と事務員が居れば、そこはもう立派な企業の支店として活動出来るのです。
こうしたスモールオフィスでは大きなフロアは固定費的なメリットがないために、小さな部屋でも十分機能するという特徴があります。
近年ではこうしたスモールオフィス向けの物件が増えてきて、大きなフロアを簡易的なパーテーションで区切ったシェアオフィスや、リノベーションを加えて大きなフロアを壁で仕切ったSOHO向けのオフィスなどが増加してきているのです。
大阪や東京などの都市部ではオフィスの簡素化が進んでおり、自社ビルを手放してスモールオフィス化をする企業も少なくありません。
巨大なビルが企業の顔であった時代から変わってきたのかもしれません。
そうした中で手探りで進められているのが、スモールオフィスやクラウドでのビジネスワークです。
スモールオフィスでは現代のニーズに見合うように、光回線のLANポートを各部屋に充実させて、防音機能や空調機能などをリノベーションによって刷新している賃貸物件が多くあります。
大阪でオフィスを新設したい場合には、このような小さな貸事務所をメインに探してみるのもいいかもしれません。

小さな貸事務所の選び方について

まとめ

貸事務所を賃貸したい場合には、誰しもが良い物件と契約することを望みます。
事前のリサーチや目的の明確化が疎かでは、失敗してしまう可能性も少なくありません。
まずは利用目的を想定して、規模に合った貸事務所を探すことが先決です。
商業地が近ければ交通の便が良く、昼食を食べる場所にも事欠きません。
しかし倉庫街などでは賃料は相場よりも安くなるかもしれないですが、近隣にコンビニさえ出店していないこともあります。
通勤の利便性や毎日の食事は毎日の負担になるために、従業員が仕事をする上でも欠かせません。
貸事務所を選ぶ時には、こうした立地面でも精査が必要であります。
条件に見合った物件を探して、失敗のない貸事務所と賃貸契約することが大切です。

※大阪の貸事務所を探すならこちらから

物件の内見・詳細な資料をご希望の方はお気軽にお問い合せください!過去の取引価格に関しましては、直接お問い合せください。 (ホームページ上では、募集条件を掲載しております。)

  • お電話でのお問い合わせは、フリーダイヤル0120-882-207(TEL. 06-6263-0057)受付時間 9:30~9:00 定休日 日曜・祝日
  • メールでのお問い合わせはこちらから

貸事務所のお問合せ・リクエスト

新着貸事務所

  • 大型物件特集!グランフロント大阪、あべのハルカス…詳細はこちら
  • 大阪 貸店舗BE
  • 大阪のオフィスお引越しマニュアル
  • 移転・独立に役立つ!オフィス移転マニュアル
  • 賃貸物件オーナー様へ - オーナー様に代わって業務を代行させていただきます!
  • エリア別!貸事務所情報
  • 賃貸オフィスサービスのスタッフ紹介
  • 賃貸オフィスサービスのオフィスブログ
  • 賃貸オフィスサービス公式facebookページ

賃貸オフィスサービス(運営:株式会社ビルディングエステート):大阪市中央区安土町3-3-7 本町KSビル1階、TEL: 06-6263-0057、FAX: 06-6263-0083

このページの先頭へ戻る